matplotlibのデフォルトバックエンドを変更

環境はWindows10上の本家Python3だったけど、他の環境でも多分同様。

matplotlibをインポートし、get_configdir()メソッドで設定ファイルの場所を確認

import matplotlib as mpl
print(mpl.get_configdir())

表示されたフォルダに行き、matplitlibrc という名前のファイルがあればそれを編集する。無ければファイルを作り、以下の1行を記入する。

バックエンドをwxPythonにする場合は

backend: WXAgg


これで、

import matplotlib
matplotlib.interactive( True )
matplotlib.use('WXAgg')

のように毎回ソースコード中でバックエンドを変更しなくても

import matplotlib

だけでmatplotlibを使用できるようになるし、lintに警告されなくて済む。

Kindleセール本

 

1日で読めてわかるTCP/IPのエッセンス (NextPublishing)

1日で読めてわかるTCP/IPのエッセンス (NextPublishing)

 

 

 

暗号技術のすべて

暗号技術のすべて